c⌒っ-ω-)っ・゚。゚


by tukisima_takuya

読売新聞 11/2

  JR西日本が、カーブや分岐器(ポイント)手前で整備を進めている
  新型の自動列車停止装置(ATS-P)のうち、
  計96か所で作動速度の設定ミスがあったことが1日、わかった。
             (読売新聞 1面 「新型ATS設定ミス」記事より抜粋)
この記事だけでは、今回の失敗が何所の責かはわかりません。
今現在は それほど騒がれていない様ですが、
 下手をしたら「雪印乳業」の時より叩かれるでしょうね。
[PR]
by tukisima_takuya | 2005-11-03 00:27